TOP > 独立支援情報

独立支援制度を利用して、独立を果たした 名物もも焼き 大山 ヨドバシ梅田店  店長かつ経営マネジャー 長谷川 剛

元々、この支援制度を利用して独立する予定であった。

名物もも焼き 大山 ヨドバシ梅田店  代表 長谷川 剛

ダンシンダイナーの社員として修行させていただき、5年前の2008年より、現経営店舗の"名物もも焼き 大山 ヨドバシ梅田店"の前身である、"播州や"時代から、制度を利用して独立しました。
制度を利用した理由は、元々「将来的に自分の店を持ちたい」という夢があり、自分の夢を叶える為の最大限のバックアップをしてもらえる制度があったので、迷う事なく制度を利用させていただきました。
自分のお店を経営してゆく際に、直営店舗時代から関係のある本部スタッフ、また店舗のアルバイトスタッフと、そのまま独立後も同じヒト・カタチを引き継いで仕事が出来るというのは、とても助かりました。
本来なら自分ですべき仕事の多く、例えば出店に際しての諸々の準備、出店先のテナント問題、食材の仕入れ先、交渉、アルバイトの求人募集など、それら仕事にかかる膨大な時間や費用を大幅に削減できました。
制度の名前の通り、独立を"支援"していただけるこの制度。
独立後のスタートを最良の形で切る為の、大きな一助になりました。

この制度を利用した自分だからこそ分かる事、思う事

  • 店内のPOPなども、本部が作成してくれます。
  • 数字や新メニューについてなど、本部の方が 支援してくれます!

こんなに本部と我々経営側が一体となって、店舗運営を支えてくれる会社は、ダンシンダイナー以外にないのではないでしょうか?
リスクを最大限に抑え、自分の希望は最大限に実現できる。それがこの独立支援制度の最も良い点です。
この制度を利用して、今後も私と同じ様に、独立を果たし店舗経営の楽しさを知る人間が出てきてくれたら良いなと思います。
仕事はやらされるより、自分で考えて進める方が楽しいですし、それに伴うリスクは、この制度を利用することで随分軽減されますから。
不安に思う事なく、ぜひチャレンジしたい方がいらしたら、直接私のところへ何でも質問に来ていただいて構いません(笑)。色々お答えしますよ!

本部と、経営者である私との関係について
今現在、33歳なのですが、2年後の35歳までを目処に、新規出店をゼロから2店舗やりたいです。
今後の業態は大山かどうかは未だ決めていませんが、もともとは料理が好きで飛び込んだ業界。
それが今は経営にも携わる様になり、料理の楽しさの他に、経営の楽しさも随分知ることができました。
これも独立支援制度があって、初めて分かったことです。せっかく知れた経営の楽しさ。
これを、また同じく独立支援制度を使わせていただき、更なる新規出店を目標に邁進したいです。

今後、この制度を利用して、独立を目指す面白い人がどんどん増えてきたら嬉しいですね。
私にとっても、良い刺激になりますから。

>> 店舗情報はコチラ

岸和田で、お好み焼きならココ!と言われる名店 お好み焼き・鉄板焼 寿里  経営マネジャー 畑野 恵蔵

信頼できる本部がバックアップしてくれる、心強さを日々実感

お好み焼 寿里  代表 畑野 恵蔵

寿里は、岸和田の皆様にご愛顧いただき30年以上が経ちました。私も、この店舗の責任者兼、経営者になって15年が経ちます。

岸和田の合掌通りは飲食店激戦区ですが、そんな中こうして営業をさせていただけるのも地域の皆様のお陰であり、本当に感謝しております。
ただ日々の営業の中で、我々のスタッフの営業努力とは他に、本部の力添えも重要だと感じる場面が多々あります。

仕入れ先に関することや、店舗内のPOP作り、トレンドや流行をキャッチしてる本部ならではの販促活動の促進や、アドバイスをくれたりなど、店舗経営を潤滑に進める為の手助けを、本当に積極的にやってくれていると思います。

チャンスはいくらでもある。そう実感できる独立支援制度

駐車場35台、客席は156席の大型店舗です。

独立の際に、例えば多額の加盟金を支払わないといけない、とか、仕入れ先はどこそこでないと駄目、、という縛りや制限はなく、売り上げをあげて、自分の店をしっかり経営してゆけば、いくらでもチャンスはある。全ては経営者次第であると実感できます。
そこがフランチャイズとは違う点で、あくまでも独立を支援する制度であって、経営者の判断や経営方針で可能性を無限大に広げられるので、純粋に経営をする、プラス、業界に精通した本部の力添えが得られるという、経営者にとって力強く安心できる制度と言えますね。

次の出店の際も、 この制度を利用したいと考えています。

寿里の2号店、もしくは全く別の業態でも良いのですが、次回の出店の際も、もちろん本部と相談をして、この制度を利用しての出店を考えたいですね。
そう思える程、この制度は独立を希望している人にとって、良い制度だと思います。
独りでの出発の際に、思い描いた夢を実現する為の支援を最大限してくれるこの制度があるのですから、あれこれ不安に思いすぎる事なく、挑戦してもよいのではないでしょうか。

>> 店舗情報はコチラ

たくさんの方からの美味しい!の言葉。感謝です。

独立支援制度について 株式会社ダンシンダイナー 代表取締役 吉田明倫

働いている、皆の夢が叶う為の支援をしたい… その想いのもと、この制度はスタートしました。

写真は、株式会社ダンシンダイナー 代表取締役 吉田

この世界で一所懸命働く従業員スタッフの中には、「最終的に、自分の店を持つ」という明確なGOALを持って働いている者が数多く居ます。その様な夢やGOALを、最低限のリスクで最大限叶えさせてあげたい…
その為の支援をしよう!という理念の元、独立支援制度は2004年から本格的にスタートしました。
長年ダンシンダイナーの社員として頑張ってくれた方の為の制度ですから、出来る限り、リスクになる要素は支援制度で軽減し、また制度利用者の夢が最大限叶う様に、無駄な制限は排除して、制度に自由の幅を持たせました。
「支援制度の利用条件により様々な制約にがんじがらめになる・多額の加盟金を強いる」などは、夢実現の障壁になりかねません。
そのような事態を避ける為に、支援制度の組み立ては非常に工夫を施しました。

制度の利用条件について

写真は、当社の力強いスタッフ達です!!

まずはダンシンダイナーのスタッフとして、2年程の勤務経験を積んでいただきます。
稀に当社の社員でない方から、「この制度の利用は可能か?」とお問い合わせを寄せられる事がありますが、それは"不可"としています。
これまでに店舗経営の実務経験があったとしても、この制度は、これまで当社のスタッフとして頑張ってくれた方を最大限支援する為に産まれた制度です。仮に経験豊富であったとしても、当社本部との関係、コミュニケーションが十分に取れていない状態では、この支援制度と、本部の支援体制の力が十分に発揮されませんから。

制度利用までの大まかな流れとしては、まずは現場の店長からの制度利用の声が挙がり、本社会議にかける。
その後、事業計画などの企画・制作、そして最終決済となります。
判断基準はシンプルに"人物"にのみ重点を置いています。総合的に管理能力がある、夢がある、希望がある、明るく前向き、あきらめない、など、その人の誠実さを支援できるか否か、その判断をさせていただきます。

この制度の存在を知った上で、当社にご応募いただけるような方が増えたら良いですね、ワクワクします。
制度に関するお問い合わせなどは、当社社員ではなくても随時受け付けております。
まずはお問い合わせ頂ければと思います。

採用情報はコチラ

  • 名物もも焼き 大山 ヨドバシ梅田店 店長 兼 経営マネジャー 長谷川 剛
  • お好み焼き・鉄板焼 寿里 経営マネジャー 畑野 恵蔵
  • 独立支援制度について 株式会社ダンシンダイナー 代表取締役 吉田 明倫

このページのTOPへ